Marietomeoki_Logo_IMG
MT_Profile_Image

Marie Tomeoki – On BEING & Contemporary Art:

Marie Tomeoki, 30 is a modern, contemporary artist from Tokyo, Japan, whose paintings draw on her life experience. Her art evolves constantly, as she strives to provoke interest and stimulate your imagination. She recently had her first solo exhibition in Toronto, with over 120 people attending the opening night. The exhibition not only introduced the art community to her refreshing work, but also raised mental health awareness, which is close to Marie’s heart.

Where were you born, where did you grow up?.

Born in Tokyo, Japan, I moved to Nagoya when I was only 1, then back to Tokyo. My father worked for an International company, so I never really settled, later moving to the USA (Detroit, Columbus, then Indianapolis). By the time high school started I moved back to Tokyo, Japan, until I graduated high school; then I moved to Toronto, Canada to attend University.

Have you always been interested in art?.

My family comes from a long-line of Japanese tea ceremony and flower arrangement masters, and from the international business world. Being exposed to such artistic influences definitely made an impact on the artist I am today.

Aside from my creative family background, I began training in classical ballet when I was 4; when I was 12 I knew ballet was something I wanted to pursue as a career and started training on a professional level seven days a week. With dance comes a need for discipline and determination; learning about the art of movement and the many dimensions of the profession. These aspects have made me who I am and influenced my art.

In art classes at school, I often drove the teachers crazy by creating something so unique they couldn’t define it or give feed back. Whilst other classmates worked with pastels and pretty colors, in contrast my work would be monotone,; there were many situations like these.

What was your first ever drawing?.

My first ever drawing was of a Blue Power Ranger. My parents thought it strange that it wasn’t of a dog or relative or something more ‘normal’. I suppose it looked more like a blueberry with twigs sticking out of its sides but it was definitely a Blue Power Ranger.

When did you first consider a career in visual arts?.

When I had to stop ballet due to doctor’s orders, I needed another form of expression, this initially came through paper cut outs, which then developed into something more elaborate. This process began while I was in an inpatient psychiatric hospital program, first for anorexia and bulimia, later for chronic depression and anxiety disorders.

What influences you in your art?.

The inner workings of our minds, psychology and emotions have obvious impact, but as I watch and process the world around me real societal issues arise frequently in my work. Stories and life experiences play an important part, including Japanese cultural heritage as well as the other cultures I have adapted to throughout my life (even the backstage on goings from ballet, etc). I like to think a message or energy imparts through my work to whomever is viewing it and moves them somehow.

You have recently had an exhibition ‘BEING’, tell us a little about that?.

My recent inaugural solo art exhibit – Being was a retrospective of the journey I have taken in life, through my art. The pieces reflect my life’s journey and experiences in becoming a successful artist – BEING. I hope to inspire others and give hope to those who experience similar struggles; to create a safe place to share and discuss mental health matters, as well as how mental health awareness is reflected in society and the real world. My art is proof of the possibilities, capabilities, strengths of living and surviving, BEING human.

Click Here – To Read Marie Tomeoki Resume

Marie Tomeoki-人物とコンテンポラリーアート:

Marie Tomeoki(留置まりえ)30歳、日本の東京生まれ。その作品は変わり行く自分のイマジネーション、人生経験と感情を表す。

何処で生まれ、何処で育ったのですか?.

日本の東京で生まれ、すぐに名古屋に住み、2歳で東京に戻る。父が商社マンであることから決して一所に長く住むことはなく、6歳でデトロイト、12歳でインディアナの小さな田舎町コロンバス、15歳で又東京に戻る。家族は1年もしないうちにカナダのトロントに転勤したが、私は17歳の時に遅れて移住、今に至る。

いつもアートに興味があったのですか?.

私の母方は何代も続く裏千家茶道師範と華道洗心流家元の家柄。母の祖父は書道家、叔母叔父には元バレリーナやガラス工芸人、著名な画家もいます。父方は世界を転々とする商社マンで家庭にはいつも海外の文化が溢れていたと言えましょう。この和洋が混在する環境は、間違いなく今のア-ティストとしての私に影響を及ぼしています。

私自身も4歳からクラシックバレーを習い始めました。12歳の時には、将来をプロのバレリーナになることを決め週7日の特訓の日々を選びました。厳しい練習に耐える力、計り知れない程の踊りに対する情熱、動きの美しさと心を表現する研ぎ澄まされた感性は、今の人となりと作品に大きな影響を及ぼしているといえましょう。

私の感性は人と違うことが多々あります。学校のアートのクラスでもよく先生を悩ませたものです。女の子はきれいなパステルカラーで決まった題材を描くことが多いものですが、私が描くものはモノトーンで抽象的なものが多かったのです。

初めて描いた絵は?.

初めて描いた絵のことははっきりと覚えています。保育園で描いた“青のパワーレンジャー”です。他の子供たちが犬、お母さん、お花やお家などを描いていた時、私はこのブルーベリーに棒が刺さった様な戦士を描いて周りをビックリさせました。

いつから画家になろうと思ったのですか?.

医師からの支持でクラッシクバレーをやめなくてはならなくなった時、私は自分の感情を表現したり、ストレスから開放される手段を失いました。摂食障害(拒食症と過食症)、鬱病と不安症候群の治療の為に滞在した精神療養所で、プログラムの一つとして紹介されたのが、絵を描くことでした。引き出しにしまわれていた宝物を少しずつ取り出すように、始めは紙を切ることから始まり、次第に高度で緻密な絵へと変化していきました。作品を造るとき、やっとバレーを踊っていた時と同じような開放感と安堵を得ることができたのです。

どんなものがアートに影響するのですか?.

人間の潜在意識と感情や心理的な問題には強いインパクトを受けます。が、日常起きている様々な生活環境や社会問題も私の作品の中にはよく出てきます。

身に染み付いている日本的な感性と海外の大胆かつ自由な感性を使い、人物、話、自然など、その時々心動かされるものを作品にしていきます。そして私の作品と切っても切れない重要な題材は、生々しい私自身の人生経験と自分の感情です。私は強烈な、時にはショッキングな強いメッセージのある作品で、見てくれる人の心を動かすのが好きです。

最近“BEING”という個展を開いたそうが、どんなものだったのでしょうか?.

個展“BEING”は作品を通しての私の回顧展で、展示された作品は私の人生とプロの画家になるまでの道のりを現したものでした。そして私のメッセージが皆の心に届いた場となりました。    

健康な人達も、私と同じような苦しみにもがき続ける人達もが、自分の心の悩みや意見、実社会や世界でのメンタルヘルスの問題を安心して話せる場所を作っていきたいこと、そして、この私自身が、死の淵まで経験しながらも、精神障害を乗り越えて生きていける可能性と人間の力の強さは誰にでもあるということの生き証人だということを知ってもらう機会でありました。

履歴を読む

Back To Top | トップへ戻る